興国寺

地元住民からは「開山」とも呼ばれ、長く親しまれている古刹。鎌倉幕府三代将軍「源実朝」の菩薩を弔うために家臣「葛山五郎景倫(願性)」
が建立した真言宗の西方寺に、願性と親しかった覚心(法燈国師)が住職となり、同寺の宗旨を禅宗に改めたことが同寺の由来とされている。
また、覚心(法燈国師)が宋からその製法を伝えたとされる醤油・金山寺味噌の発祥地として知られるほか、普化尺八の本寺としても有名です。
興国寺の火祭りは県無形民俗文化財に登録されています。

 

施設・スポット名 興国寺
料金 拝観料無料
住所 日高郡由良町門前801
アクセス
JRきのくに線紀伊由良駅から15分
阪和自動車道湯浅御坊道路広川ICから約20分
電話番号 0738-65-0154
自社ウェブサイト http://yura-wakayama-kanko.jp/publics/
index/19/detail=1/c_id=152/
page152=1#page19_152_33

 

関連記事

  1. 興国寺 紅葉

  2. 高城天宝神社の秋祭り

  3. 衣奈わかめ

  4. 川又観音

  5. 西山ピクニック緑地

  6. 由良町のスイセン

  7. ハマボウ

  8. 笑い祭(丹生祭)

  9. 印定寺