煙樹ヶ浜の大松林

 美浜町には、広いところで幅約500m、長さ5㎞に及び松林があります。近畿最大の規模を誇り、その景観は煙樹海岸県立自然公園の中核を成しています。
紀州初代藩主徳川頼宜の時代(1619年頃)にはすでに「御留山(おとめやま)」として、伐採が禁じられ、保護されたという歴史を持ち、その後も、住民によるたゆまぬ努力により、現在も松林として見事な景観を保ち、また町周辺を潮害や風害から守り続けています。また、昭和58年、全国各地の名松266ヵ所の中から、「21世紀に引き継ぎたい日本の松百選」に選定されており、松林を見ながら散策出来る遊歩道も完備しています。

 

 

施設・スポット名 煙樹ヶ浜の大松林
住所 日高郡美浜町吉原地内
アクセス
阪和自動車道湯浅御坊道路御坊ICから約15分
電話番号 0738ー23ー4951(美浜町役場 産業建設課)

 

関連記事

  1. Cafe nerumo rukimo

  2. 国民宿舎紀州路みなべ

  3. 西山ピクニック緑地

  4. 西山ピクニック緑地

  5. 見山(みやま)

  6. 熊野古道紀伊路 鹿ヶ瀬

  7. 温泉館「海の里」みちしおの湯

  8. 川又観音のシャクナゲ

  9. ヨハネス・クヌッセン機関長の顕彰碑