美浜町

美浜町

 美浜町には緩やかな湾曲の煙樹ヶ浜と背景に広がる大松林があります。この松林は江戸時代紀州初代藩主徳川頼宣公が農作物を潮害や風害から守るために伐採を禁じ保護したことに始まり、土地の人々のたゆまぬ努力により受け継がれ、今日も見事な景観を保っています。

また、町の西端に位置する三尾地区では、明治時代よりカナダへの集団移民が行われていた歴史があり、帰国した人々が持ち帰った生活様式等からアメリカ村と称されています。

 

美浜町の観光施設

人口 7,163人【2019年現在】
面積 12.77K㎡【2019年現在】
主な産業 農業(キュウリ)
特産品 松ブランド野菜(キュウリ・トマト・いちご)
アクセス